防災時に情報収集をする手段を確保する

災害などによってサバイバル生活を余儀なくされてしまう時、防災の情報を収集することが大切です。
防災情報を収集する方法としては、スマートフォンやガラケーのインターネットを使ったり、ラジオ、テレビからの情報源が主になります。
また、地域で防災放送を行っている場合もありますので、緊急時には耳を傾けてみましょう。
普段から用意しておきたい防災グッズとして、手軽なものといえばラジオです。
電池で動くもの、ソーラー発電で動くもの、手回しで充電できるもの、などさまざまなタイプが存在しています。
いざという時にすぐ使えるように電池式の場合には予め電池残量のチェックをすることが大切です。
そして、切れた時のために予備も準備しておくことで長時間聞くことができます。
ただ、緊急時にはとくに電池などが入手困難になりますから、できればソーラー発電や手回し充電できるタイプのものがあれば安心です。
選ぶポイントとしては、防水機能がついていれば雨や川の水に濡れても使うことができるので助かるでしょう。

防災準備は情報の確保から

防災とは、人為的にしろ自然現象にしろ起こりうるであろう災害を未然に防止し、 あるいは災害が発生した場合の被害の拡大を防ぐことを意味します。
しかし、どれだけ徹底的に準備をし、迅速な対応を行ったとしても、 災害の発生や広がりを完全に防ぎきるのは至難と言えるでしょう。
それでも極力未然に防ぎ、広がりを最小限に止める為に必要なのが情報です。
今現状どうなっているのか、そしてこの後どうなっていくのか、 そういったことを知ることで防災は始めて機能します。
逆に、情報が少なすぎるとどれだけ準備を進めていたとしても、 本来の力を発揮することなく被害は拡大してしまいます。
いざという時、テレビやインターネットはその能力を発揮しなくなってしまいます。
恐らく、ラジオや地域での無線放送などしか使えないということもあるかもしれません。
防災を普段から心掛けるのは非常に良い事なのですが、 その際は情報を得る為の手段も確保しておきましょう。

2016/1/21 更新